Micro residency forum(東京)開催のお知らせ

0129_air_tsuji_6

 

0129_air_tsuji_7

フライヤーダウンロードはこちら→Micro residency forum

Micro residency forumと題した、日本でアーティスト・イン・レジデンス事業を行なっている組織と滞在アーティストによるフォーラムを、3日間に渡って東京で開催いたします。企画は、陸前高田アーティスト・イン・レジデンスのプログラムディレクターでもある日沼禎子も関わっており、今年度実際に陸前高田に滞在した3名のアーティストも参加いたします。詳しくは、フライヤーより詳細をご確認ください。一般参加可能ですので是非ご参加ください。

 

Artist in Residence (AIR) を考える2014
アーティストの創作活動の場(館) -その社会装置としての仕組み、ネットワークの可能性

この度「Artist in Residenceを考える―AIR、アーティストの創作活動の場(館)、その社会装置としての仕組み、ネットワークの可能性」をテーマとした 3日間のフォーラムを行います。
AIRの存在がアーティストの創作・制作の場また機会として認知され、活発に利用され、さらに社会の一部としてより機能する存在となるために、さらなる議論、研究が必要と考えます。そこで本フォーラムでは、国内での活動現況と、幾つかの研究テーマに関しての報告と議論、ワークショップを行います。AIR の国内外のネットワークの現実の検証、美術大学の調査研究の事例発表、AIR と美術大学との協働の可能性、国内外のマイクロレジデンス・ネットワークを主軸とした具体的な共同プロジェクトの実施について検討します。アーティスト、AIR 事業当事者がともに研究し、議論と実践を重ねることで、社会装置としての AIR の役割を健在化するとともに、活動のさらなる発展に寄与することを目指します。

【主催】マイクロレジデンス・ネットワーク・フォーラム実行委員会
【協力】アーツ千代田3331/女子美術大学/遊工房アートスペース/AIRネットワーク準備会(事務局:アートNPOリンク)/なつかしい未来創造株式会社/文化庁・文化芸術の海外発信拠点形成事業/Andy Warhol Foundation
【問い合わせ】女子美術大学アートプロデュース表現領域研究室(日沼禎子)
東京都杉並区和田1-49-8  Tel.03-5340-4619  e-mail.hinuma11002@venus.joshibi.jp

 

“Micro residency forum”  will be opened on february 21 to 23 in Tokyo by the organizer of artist in residency program and the artist who participated AIR program.The one of director of this forum is Teiko HINUMA who planed our AIR program.Also 3 Artists who stayed in Rikuzentakata this year are going to join the forum. You can know the information from below link.Everybody can see with admission free,please come the forum.

Download the flyer Micro residency forum

Considering Artist in Residence (AIR):A home for the creative activities of artists
–its structure as an important vessel within society and the potentials of a network .

We propose to hold a 3-day forum in which, through presentations examining the present state of domestic AIR, research conducted by art universities, and various case studies including a collaboration between an AIR and an art university, we will examine the reality of a collaborative project pivoted on a domestic and international microresidence network. Through the accumulation of research and discussions together with artists and those concerned with AIR, we aim to strengthen the role of AIR as important social vessels, while at the same time contributing to the further development of related activities.