来日、いわき市の「じゃんがら踊り」と「獅子踊り」体験

 

 

Sioned Huwsが11月18日に来日しました。
東京に5日間滞在し、23日からいわき市の田仲桂さんのお家に滞在しています。Sionedは2008年より国際芸術センター青森(ACAC)を訪れており、田仲さんのお宅にも来たことがあります。
今回はいわき市の伝統舞踊である。「じゃんがら踊り」と「獅子踊り」を見て、体験しました。また2月にいわき市で体験した踊りを元にワークショップとプレゼンテーションを予定しています。

田仲桂さんはご自宅の一部をレジデンシーとして解放しながら、ご自身もまた舞踊に参加して、舞踊の発展と継承に勤めております。
SIonedはじゃんがら踊りを見て、とても興味深く、現代的だと言っていました。踊りを見せて頂く中で、Sionedも過去にACAC滞在時に制作した、津軽手踊りからインスピレーションを経て制作したダンスも披露しました。
これからどのような作品が生まれるのか楽しみです。

Sioned Hews came to Japan on November 18. She had stayed for 5 days in Tokyo and has   been in house of Ms. Kei Tanaka, Iwaki City,Fukushima from November 23 to 25. Sioned came to at once. In This time, She showed  Iwaki city traditional dance “Jang-Gara-Odori” and ” Shi-Shi-Odori” and thought that the dances are much interesting and contemporary. She Played also her dance which was created to be inspire by Aomori traditional dance “Te-Odori”  in ACAC,Aomori she stayed before. It will be so fun that  She creates what kind of dance!