高田調査3日目。伝承館、米崎公民館、竹駒公民館など

1

2

3

4

5

6

IMG_1029

陸前高田滞在3日目が経ちました。
陸前高田の現在の状況や文化、人々となるべくたくさんの出会いを求めて活動しています。11月29日は、高田市小友町にある気仙大工の技術を保存する施設「気仙大工左官伝承館」を訪れました。

この場所は、気仙大工左官の優れた建築技法を後世に伝えるために建設されました。明治初期の気仙地方の民家を想定し、当時の建築様式により、材料は全て気仙杉などの地元材を使用しています。
訪れてみたものの、なんとメンテナンス中で来年の三月までお休みでした!伝承館の横の売店で語り部(震災の記憶を伝えるガイドさん)さんにお話を伺っていると、なんと特別に中を見せていただけました。

気仙大工の技術として釘を使わないのが宮大工ですが、昔は神社仏閣だけではなく一般家庭もこの辺りはすべて気仙大工で作られていたそうです。沢山の技術を教えて頂き、大変勉強になりました。

陸前高田市はすっかり冷え込んでいますが、こんなに寒いのにアイスを食べるJayさんのかわいらしい姿もありました!

 

Today is the third day They came here. Jay-san has researched in the cultures, present circumstances, peoples, and anymore.
On November 29th, He visited “KESEN-Capenters House” Which preserves old carpenters techniques in Kesen region in Otomo-town,Rikuzentakata City. This museum has the purpose of passing the great architecture to the next generation . This Construction is made by only local woods like a japanese cedar on the assumption that a local house in Meiji-period in Kesen region. However ”KESEN-Capenters House” was closed to next march because that is being repaired ! So, We would ask a storyteller;They  are working to teach memory of disaster, and gradually become friendly, She showed us  ”KESEN-Capenters House”. The Characteristic of KESEN-Capenters doesn’t be used a nail for their construction.It used to build not only the Temple and the Shrine but also the Houses around these areas. She told us many thing.
By the way, We could see charming Jay-san that ate a ice cream how cold day!