高田調査4日目。朝市、八木澤商店、パーティー。

1

2

3

4

 

5

6

 

陸前高田調査4日目。

本日は「未来商店街」の朝市を訪れました。未来商店街はプレハブなどで作られた仮設の商店街ですが、そこにある木造のレンタルスペースで土日の午前中は朝市が行なわれます。その場所をショーネッドは大変気に入り、ワークショップとプレゼンテーションをぜひここでやりたいと言いました。なので、すぐにそこの管理者に会いにいき、説明をして使わせて頂けることになりました。
日本語を少しずつ覚えているショーネッドは、朝市のおばあちゃん達に話しかけ、すぐに仲良くなりました。自分がダンサー、振付家だと自己紹介し、その場でパフォーマンスを行なうと、周りの人びとは手拍子で答えてくれました。

その後、老舗の醤油店「八木澤商店」の社長である河野さんを訪れ、企業として被災をどう乗り切ったか話しを伺いました。こちらで商品開発中のすいとん汁(ここでは、ひっつみと呼ばれます)もごちそうになりました!

その後、神社などを散策。また小友町で若者を中心とした集まりがあると聞きつけ飛び入り参加!料理も一緒に作り、夜までそちらでいろいろな話しを聞きました。ショーネッドは陸前高田の若者の日常のビデオ撮影を続けていました。

 

The 4th day We started to research in Rikuzentakata. We visited to “Mirai-Syotengai”(  A Temporary shopping center)
The wooden rental space where there is in ”Mirai-Syotengai” open morning market every Saturday and Sunday. Sioned payed attention for that space for her presentation and workshop. Fortunately We could meet the manager who manages ”Mirai-Syotengai” and got a permission to use this space!
Sioned told and befriended older women in morning market. She explained herself as a dancer and a choreographer,performed her dances and the audience responded to handclaps. Later that, We went to Soy sauce shop company “Yagisawa-syoten”  and asked president of that company what they done at Tsunami. We had the soups called by “Hittumi” also. And we walked around the shrine. In afternoon we participated a party that young man lived in Rikuzentakata opened. We had much fun!