ありがとうございました!

IMG_1751IMG_1628IMG_1711IMG_17166

今年ももう残すところ、4日となりましたね!
SionedさんやJayさんが初めて陸前高田に訪れた日からも1か月が経ちました。
皆さんにとって、2013年はどんな1年だったでしょうか。

先週末、私たちスタッフ2名はSionedさんの青森ワークショップに行ってきました。
雪が降り積もる青森の公立大学にて行われた2日間のワークショップは、とても興味深いものでした。今日はその中でも、参加者の方々に持参して頂いた写真を使い、その写真で自分がとっているポーズと同じポーズをとったまま、静止するという振りをご紹介します。静止している間、参加者の方々には、その写真を撮った時の様子、誰がそばにいたのか、自分はどんな気持ちだったのかなどを自分の心の中で振り返って頂きます。実はそれは、振りというよりもむしろ瞑想のようなものかもしれません。外から見ると、静止した状態ではあるけれども、その人の心の中はその記憶とともに変化していきます。その心の動きもSionedさんにとってのダンスの一種であり、写真を撮った瞬間ひとつひとつが今の自分の一部であるという彼女の考え方に沿うと、そうやって写真を振り返ることで、彼女の胸の中には家族がいつもいてくれるとおっしゃっていました。
ひとつひとつの動きにも彼女が考える意味がある。今回は写真を使った動作についてご紹介しましたが、次回は、ほうきを使った動作についてもご紹介しようと思います。
こうやって、アーティストの感性や考え方に直に触れて、一緒に共有できるワークショップはとても貴重な時間です。引き続き、1月11日(土)12日(日)にも青森にてワークショップが行われます。まだ参加受付中ですので、ぜひご参加ください!また、発表日である12日は観覧のみの参加もお待ちしています!(http://air-rukuzentakada.jpn.org/home/?p=449

2013年に始まりましたアーティスト・イン・レジデンスプログラム、初年からたくさんの方々との素晴らしいご縁に恵まれ、ご協力頂きました。本当にお世話になりました!
いよいよ1月からアーティスト3名がそろいます。どうぞ、来年もよろしくお願いいたします。みなさん、良いお年をお迎えください!!!

We just have 4days in 2013! A month has already passed since Jay-san and Sioned visited Rikuzentakata city . How was this year for all of you in 2013?

Last weekend, we went to help Sioned Huws workshop in Aomori. The workshop was taken place in Aomori Public University with a lot of snow for 2days and those 2days were amazing. Today I’d like to introduce one of her choreographies which uses participants’ photos. The participants get into the same pose as they did in the photos and get still for a while. They look back the moments that they took the photos in the past; what kind of situation was it? , who were there?, what were they thinking?, while they are still. In fact, it’d be more like a maditation rather than a choreography. If other people see them, nobody is moving but actually their feelings are changing inside. The interesting thing is that change can be her part of choreography itself. According to her idea that some parts of ourselves now consist of each moments of the pictures, she mentioned she could feel her family inside of her by remembering the moments the photos were taken.
There are meanings in each movements in her choreography. We will introduce other one  using blooms next time. Taking part in a workshop is a really precious experience to see an artist’s intuition and a way of her/his creation directly and share them together.
We’re still welcoming participants for January 11th and 12th workshop in Aomori as well.
Please feel free to join us! You can just drop by for seeing her presentation on Jan 12th too!
(http://air-rukuzentakada.jpn.org/home/)

This year was the first year for our artist in residence program. Fortunately, we could start this progam with a lot of wonderful meetings and many people’s help. Thank you very much for all of your supports in 2013. In January, we’re finally welcoming all artists in Rikuzentakata city. We’d really appreciate it if you could give us the same warmful support next year as well. Have a happy new year!!!