ご紹介第2弾

photo 1photo 2photo

みなさま、改めまして、今年も宜しくお願いいたします!
2014年も2週間が過ぎたところですが、わたしたち【アーティスト高田に来る】AIRプログラムもすでに大きく始動しております!1月12日に行われたショーネッドさんの青森でのプレゼンテーションには、たくさんの方にご来場頂きまして、本当にありがとうございました!
今日は、年末にご紹介したSionedさんの振付第2弾、ほうきを使った振付についてのご紹介です。Sionedさんの振りの中には、彼女と木村玲奈さんが床に寝ながら対照的に踊っているところを、参加者の方々がほうきではいていくという振りがあります。
その動作には、魂や人生、想い、未来・・・
何かを迎え入れるための儀式のような意味が込められているとのこと。それは、実はお盆のときに先祖の魂を迎え入れる前にお墓を掃除したり、年末に新年を迎え入れる前の大掃除をしたりといった日本人の文化を彼女自身が汲み取ったことのようです。ひとつひとつのダンスに彼女の感性や想いが詰まっている・・・まだまだお届けしたいことはありますが、それはまた次回ご紹介いたします。
陸前高田市では、オランダからLeoさん、フィリピンからJayさんが既に活動を始めています。Sionedさんも今月の20日にまた陸前高田市にやってきますので、乞うご期待ください!

It’s been 2 weeks in 2014! Our program has already got off the ground! We had many guests for Sioned’s presentation in Aomori on Jan 12th. Thank you very much for all of your supports again!
I introduced Sioned’s photo project in the end of last month, but today I’m going to introduce the other one with blooms. She has a choreography that participants sweep a floor with blooms while Sioned and Reina Kimura are dancing horizontally on the floor.
She once told us it had a meaning of welcoming souls, life, future and so on. It seems she got that from Japanese culture. For example, in Obon(August 13th-16th), we clean up our family’s grave to welcome our ancestors and in the end of year, we clean up a whole house to welcome new year. It’s pretty amazing to know each of her choreographs have meanings and her emotions to them. I’d like to introduce more and more but let’s call it a day here today.
In Rikuzentakata city, Leo-san from the Netherlands and Jay-san from Phillipines have started their activities as well. Sioned are coming back toRikuzentakata on Jan 20th!
So please stay tuned!!:)