アーティスト・イン・レジデンス

アーティスト・イン・レジデンス(Artist-in-residence program)とは、様々な分野で活躍するアーティストがある土地に一定期間招聘(しょうへい)し、その土地で作品制作を行なう事業です。

陸前高田アーティスト・イン・レジデンスでは2つのプログラムで構成されます。

 

1)推薦によるアーティスト・イン・レジデンスプログラム

毎年度3名程度、海外のアーティストを推薦性で招聘し、岩手県陸前高田市を中心とした調査活動を目的として2ヶ月間程度滞在していただきます。そこでの調査活動をもとに、創作活動を行い最終的にプレゼンテーション(展示、ワークショップ、レクチャーなど)を行なっていただきます。

 

2)招聘プログラム(ネットワーク事業)

東北圏内のレジデンス事業者とのネットワーク事業。招聘アーティストの滞在場所を東北地方に広げ、東北の他のレジデンス事業者及び大学と連携して開催するプログラムです。

2013年度は、<ショーネッド・ヒューズ青森プロジェクト>をプロジェクトの中心にすえたリサーチ、クリエーション、ワークショプ、発表を東北の3つの地区のレジデンス事業者および大学が連携して開催いたします。

 

Artist in Residence

 

Artist-in-residence program is a project that invites successful artists in various fields to a certain place and lets them create their works there.

Artist-in-residence in Rikuzentakata city consists of 2 programs.

 

1)      Recommended Invitation Artist-in-residence program

We will select a few artists to invite from abroad every year. Artists stay in Japan, mainly Rikuzentakata city, for about 2 months to research and study.

According to the research, artists create their artworks and give a presentation such as an exhibition, workshop or lecture in the end.

 

2)       Invitation program (Network project)

This is the network project with local private business owners within Tohoku.  This program expands the artists’ destinations in the Tohoku region by cooperating with other local projects and universities.

In 2013, local private owners and universities in three areas in Tohoku will proudly present to you research, creations, workshops and presentations based on ‘Sioned Huws Aomori Project’.